♨️風呂太郎のお湯景色

風呂めぐりして、太郎の世界観大爆発💥💣

♨️ ほの暗い 地下海底に輝く銭湯とおじさんの顔面

🌟銭湯で出会った人々🌟

・おじさんの顔面

・木こり







🗿🗿🗿🗿🗿🗿基本情報🥋🥋🥋🥋🥋🥋

名称えごた湯

種別:公衆浴場

最寄駅都営大江戸線 新江古田駅

到達時間:徒歩約10

歴史1990年(平成2年)〜

リニューアル20219

訪問日時2021/  金曜1930

設備:⭕️サウナ ✖︎露天

客層:若者と中年が同じくらい

混雑度:十人くらい


アピールポイント

地下海底を思わせる造りとライトアップ



🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴




f:id:hfurotarou:20211126211846j:plain

※上記はイメージ画像です




出口出てひたすらまっすぐ。4個めくらいの信号を左にいくと、煙突ありますよ。」




事前に電話をしたら、

おばあちゃんが丁寧教えくれた。👵




新江古田駅  A2出口出て、

住宅街をひたすら真っ直ぐ。🚙


(江古田通り沿いにまっすぐ。)




しばらくいくと商店街があり

その付近を左へ。🏘




えごた湯” と小さな照明看板が見えてくる。♨️










2階建てのアパートが建っており、

1階部分に自転車置き場がある。🚲




しかし風呂屋の入り口が見当たらない・・🙅‍♀️

ちょうどシャンプーセット持った人がきたので

あとに続く。🚶‍♂️




横にある狭い路地に入っていく。


路地を左折すると、地下へと続く階段発見。㊙️

階段を降りると、風呂屋の入り口が登場。🈺




茶色を基軸としたレンガと木で作られた外観は

落ち着きを感じさせる。🍁















のれんを潜ると木製の下駄箱がある。👟




靴を入れ、券売機で券を購入。

サウナがプラス300円で、合計800円ほど。💰




受付のおばさんに券を渡すと、


”バスタオル・小タオル・紙で作られたなんか”

を受け取る。🤲




虹色で彩られた紙🌈




「サウナ入るときは、それ腕に巻いてください。」🍔




なるほどサウナバンドの代わりか。

しかし紙ははじめてだ。😮









フロントのよこには、小さな休憩場がある。🅿️

ソファーが置かれ、上にはテレビがある。📺




珍しいと思ったのが、フロント横にビールサーバーがあることだ。😳




たぶんセルフサービスだと思うが、

居酒屋風にグラスで注げる。🍺




ひとっぷろ浴びたおじさんには、

うれしいサービスだ。🦍















脱衣場へ🛫




全体的に茶色風の作りとなっており、

ロッカーは木製だ。🍂




リニューアル間もないこともあるのか、

キレイで汚れなどは一切ない。🌟🧹




ドライヤーの置かれた鏡が三つほど備えられている。


あとは自販機、それとお休み用の椅子も一つある。♿️















着替えを済ませて、浴室へ。



虹色の紙はとりあえずロッカーへ入れた。

水に濡れると切れてしまうと思ったからだ。🈲




浴場へ入って驚いた。😵




薄暗く抑えられた照明の中で、キラキラ光る湯船。✨




またそこから湧き上がる湯気が、キレイにライトアップされている。🌁




正面では、暗がりの中で水風呂がダークブルーにライトアップされている。🎆




まさに地下洞窟。

住宅街の一画にこんな空間があるとは・・😳






ーーーーーーーーー浴室内装ーーーーーーーーー


◆浴室全体は、茶色をベースとしたレンガ風造り。天井はひくめ。




暗めの地下空間で、上部のライトアップが

きらびやかに水面を照らす。✨




①炭酸風呂

広さ:4人が寝そべれる😪

温度:34




②多目的風呂

・ジェットバス風呂

    2種類ある。それぞれ1人用。


・電気風呂


・何もないスペース

    2人座れるくらいの広さ。


※温度はすべて42度くらい




③サウナ🌵

種別:遠赤外線

広さ:上段、下段で8人くらい

温度:104度🥵

備考:

・テレビ無し✖︎

・尻にひくビート板が用意されている。(Siri)




④水風呂🚰

広さ:2人足伸ばせる🦶

温度:14度😱




⑤立ちシャワー

一つ。

上部固定型。




⑥休むとこ😴

サウナ横に石製の座るスペースあり。

(2人用)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





まず立ちシャワーへ。🐲


蛇口は回す式。ひねると上から、お湯が出てくる。


水圧は弱め。💦









光り輝く炭酸風呂へ。🌟




かなりぬるめ。こんなにぬるめのお湯ははじめての経験だ。若干つめたさを感じるくらい。🙄




これならかなり長めに入っていられる。

私は寝そべった。😴




木製の天井に、水面の輝きがキラキラと

反射されている。素晴らしい癒し空間だ。✨









前をみると、おじさんの顔面がぷかぷかと浮かんでいる。




おじさんは寝そべり、顔面だけを水面に出して

上を見ている。🗿




顔面も天井のキラキラを眺めている









入ること10分。少し身体もあったまってきた。


すると水中の穴から水が出てきた。🕳




温度調整であろうか。

あたたかい湯に溶けこんでくる水。




これがなかなか気持ちいい。😳

新たな発見である。💡















次にジェットバス風呂へ。



ジェットバスは2つあり、それぞれ以下に発射される。


・横っ腹

・背中


※強度はいたって普通





ジェット風呂から立ち込めた湯気が、

ゆらゆらと上部へ昇っていく。☝︎




薄暗い空間で光るライトが、

風呂から立ち昇る湯気を照らす。💭




ゆげがキラキラと上部へ昇ってゆくさまは

なかなか幻想的だ。🌁















次に電気風呂へ。



身体を当てた瞬間、

「うぉーすっ!(_;)」と言ってしまった。🕺




体育会系の挨拶をしたわけではない。🥋

念のため周りを確認したが、客はいなかった。




電気はかなり来る。


くるぅーー!(_;)”   といった感じだ。🎰


特に下っ腹へ何かがきている。









昔の権力者はこういうので拷問してたのだろう。









しばらくすると、電気が止まる。

私は下っ腹をととのえた。




目を閉じ、下っ腹に光りを宿す。

だんだんとかつての輝きを取り戻してきた。✨









がしかし・・・




下っ腹にエネルギーがみなぎったころ、

再びやつはやってきた。🔙


「ふん‼︎^_^」💢




下っ腹に力をこめる私。




しかし先程とは様子が違う。




一瞬電気が出て、止まる。

また出て止まる。




なるほど。

やり方を変えてきやがった。




「ふん‼︎、ふん‼︎、ふん‼︎^_^」💢🗿















疲れたので、座りシャワーへ。🚿

固定型のシャワーと下にカラン。




ボタンを押すと、一定時間シャワーが出てくる。

けっこう長めに出てくるので、連射の必要はない。




シャンプーとボディーソープはプッシュ式が

置いてある。🧴




鏡はピカピカで、曇りなどもない。❇️















次はサウナだ。

脱衣場へ虹の紙を取りに行く。🌈




若者が虹紙を手首に巻き、

普通に風呂入ってる。🍦

濡れても問題ないようだ。⭕️









虹を巻き、いざサウナへ。🈂️




サウナ前に、

ケツにひくビート板みたいなのが置いてある。🍑




ビート板をお湯で流し(不特定多数のケツが乗っているため)サウナへ。




上段、下段で8人くらいか

木を基調とした普通の作りだ。🌴




温度計とタイマーも設置してある

遠赤外線サウナだ。




たたし特徴的なのは温度が104度。🔥

かなり高めなので好き嫌いが分かれるかもしれない。😵




テレビはないが、かなり低音でジャズっぽい音楽が流れている。🕺









私は上段に座った。




前の下段には、サウナハットを被った男がいる。

そして足の裏を掻いている。




私はやることがないので、男の頭をじっと見ていた。




だんだんと男が木こりに見えてきた。

サウナの木製の作りともマッチしている。🌴









森の中、オノで木を切る男。

一生懸命切っている。




切り終わると、木を組み立て始めた。

一生懸命組み立てている。




しばらくすると、木のボックスが出来上がった。

ゆっくりと中へ入る男。




男は木を踏みしめながら、身体で自然を感じる。

そしてゆっくりと腰を下ろす。




全身で木の温もりを感じる。

すべてを大地にゆだねる男。




そしてゆっくりと足の裏を掻き始める。

ゆっくり、ゆっくりと。



永遠に・・・


































Forever・・・














サウナを出ると水風呂へ。🐳

ここの世界観が素晴らしい。




洞窟のような外壁に囲まれ、

薄暗い水中からダークブルーの光を放っている。

🎆




水温メーターは14度を指している。

まさに北極に現れた地底湖。❄️




私はゆっくりと足から入水した。

北極の水がキンキンと足を刺す。









そして腹のあたりに水がきたとき、

「うぉーすっ!(_;)」🕺




本日二度目の体育会系挨拶。

誰もいないが、気持ちであいさつ。🥋




肩までズッポリ浸かる。

全身がキンキンと冷え渡ってゆく。🌨




全身で水を受け止める。

サウナ後のこの瞬間が、なにより最高だ。⤴️









水中でダークブルーのライトが輝いている。🔮




銭湯というより、クラブとか夜の店の発想に近い気がする。


 


銭湯も近代化をしているということだ。🏧




五分程で水風呂から上がった。

この温度だと、それぐらいが限界だった。🥶















脱衣場へ出た。🐎




かすかにジャズっぽい有線が流れているのが、

心地よい。🎵



木のロッカーを開けて着替えていると、

真下のロッカーをおじさんが使い出す。🗿




邪魔かと思ったので、鏡の台付近へ移動。🛩




時間は夜9時を指す。🕘


気付いたらかなり混んできていて、

ロッカーもほぼ使用済みとなっていた。🆘















フロントへ出て、タオルをかえす。


するとおばさんが「切りますよ。」と言い、

手首に巻かれた虹をハサミで切ってくれた。✂️

👳‍♀️






本日もいいお湯でした♨️




『癒し』『健康』『文化』『笑い』『感動』

🎊🎉